任意売却、不動産売買、不動産買取のことなら、任意売却、競売物件の専門部署を持ち北海道内ではトップクラスの実績がある株式会社ハウザーにご相談ください。

 

よくある質問

 

よくある質問

よくある質問
 
現在、競売開始決定がなされておりますが『任意売却』は可能ですか?
はい。大丈夫です!
しかし、当社がお客様から任意売却を受けた場合には債権者と販売価格などを協議する必要があるために即募集ということにはならず、短く限られた期間の中でのことになりますので相談は早めに頂くのが良いでしょう。
 
任意売却にはどの程度の金銭が必要ですか?
基本的にはお客様がご用意する金銭はございません。
通常の売買契約に必要な仲介手数料や抵当権抹消費用は債権者から了承を頂き売買代金の中から控除します。(実質、お客様負担ですが現金を用意しなくても大丈夫です。)ただ、売買契約時に必要な収入印紙代(数千円)は必要になります。
 
競売になったらブラックリストに入るの?
遅延の状況によりますが、クレジットカードなども数ヶ月滞納すると個人信用情報機関に遅延の記録がなされ、情状が重い場合はカードの使用停止やローンが組めなくなるブラックリストになります。競売の場合も勿論リストに入ります。任意売却でも同じですが、一定期間のローンの停止やクレジットの停止だけですので日常生活は大きな弊害はないと思います。
 
任意売却って本当に競売より得なのですか?
任意売却は競売と比較してのデメリットは勿論あります。入居中に購入希望者が自宅を内覧しに来ること、債務者(お客様)が自ら積極的に行動すること、競売よりも退去が早くなることです。しかし、競売になるデメリットは低価格での落札により残債務が多く残ること、また残債務を一括請求されること、近隣に競売の事実が知られること、引っ越し費用は自ら捻出しなければならないこと、引っ越し費用がなく退去できなくても強制執行で立ち退かなければならないことなどが挙げられます。
比較し今後の自分のことを考えるとどちらの選択が自分自身のためになるかが見えてくると思います。
 
債権者(金融機関)から任意売却の業者を依頼されたのですが同じことですか?
勿論同じく任意売却を扱う業者であれば問題なくスムーズな展開で事が進んでいくと思われますが、我々も他の業者さんでも、また、違う職種でもそうだと思いますが、依頼主の為に業務するのが必然です。よって金融機関からの紹介の業者さんであれば金融機関にメリットが及ぶように仕事を進めるのは当然です。逆に債務者(お客様)からの依頼であれば、お客様にメリットが及ぶ仕事を行っていくのが当然のことです。
この違いは大きく影響してきます。
金融機関から紹介の業者さんに依頼すると引越し費用の捻出や引越し時期などは金融機関主導で進んでいくことになります。
 
知り合いの業者で任意売却をすることは可能ですか?
勿論可能です。
任意売却もどちらの不動産会社でも可能ですが、専門的な知識を必要とするのがこの任意売却です。
一番大事なのは経験則かと思われます。
債権者からいかにお客様に有利な条件を引き出せるかなど、また、債権者との交渉に時間が掛かり競売になってしまうなど様々です。
いかに経験が必要でその会社は自分の為に親身になってくれるかで結果に大きな差が生じる業務が任意売却なのです。
 
住み続ける事って本当に可能ですか?
はい。出来ます。しかし、仮に当社がお客様の自宅を買取るケースで例に挙げると、当社が金融機関から融資を受け購入し返済していきますが、当社はその金融機関へ返済金額より多くの家賃収入がなければなりません。
固定資産税などの必要経費も当社支払うことになりますし、当社の返済は事業ローンになり住宅ローンとは違いますので金融機関から収支の見合う物件でなければという事も関係してきます。
お客様は今までのローンや税金の支払いが無くなり賃貸での家賃の支払いとなります。※任意売却後の残債務の返済は残ります。
数年後には再度買い戻す事を条件に賃貸契約を行う場合も多いです。自宅の場所は変化しませんので今までと同じ生活を続け債権したお客様も多々いるのも事実です。
是非ともご相談ください。
 
任意売却は債権者(金融機関)に反対されないの?
はい。債権者(金融機関)も殆どが反対しません。
勿論状況によりますが大半のケースだと競売での落札額より任意売却の契約の方が高額なため、より多くの債権を回収できるために反対される債権者は殆どありません。
毎月のローンを滞納しはじめた時期には、もしかすると任意売却の通知を債権者から受け取っているかもしれませんが、内容もよくわからずに文章を破棄していたり、債権者も債務者と連絡などコンタクトが取れずに任意売却の誘いが出来なかったかもしれません。
お互いに競売での処理よりも任意売却での処理の方が最良の結果が得られます。
 
破産したら滞納しているすべての債務は免責されるのですか?
税金以外は免責になります。
任意売却のお客様で多いのが固定資産税の滞納が一つの例です。いくら破産しても生涯支払わなければなりませんのでご注意を!
任意売却は税金の滞納分も配分して頂けるケースが殆どですが、税金の滞納金額や現在までの流れなどで異なります。
競売の場合は税金の滞納分にはまわることは殆どありません。ある場合は競売の落札金額が残債務より高く落札された場合に次の抵当権者・税金などにまわります。競売の場合はほぼ無いと言えます。
qrcode.png
http://houther.jp/
モバイルサイトにアクセス!
029995
<<株式会社ハウザー>> 〒060-0002 北海道札幌市中央区北二条西13丁目1-10 札幌第一会計ビル 2F TEL:011-271-1055 FAX:011-271-0406